toggle

GARDENS LESSON > > ポットカバー&ミニジャグ

2018.02.01

ポットカバー&ミニジャグ

 

「ペイント缶をリメイク!」

 

今回は、ブリキやプラスチック素材にチョークペイント&専用WAXを使って

ビンテージ風ペイントを体験していただきました。

 

ブリキやプラスチックなど、表面がツルっとした素材を

ヴィンテージ風に仕上げるにはちょっとしたコツがあるんです。

まずはかわいいミニミニジャグで軽く練習。

 

 

 

コツをつかんだところで、ちょっと大物にチャレンジしていただきました。

 

 

ペイント缶の本体はプラスチック製。

プラスチックやメタルはそのままでは色がのりにくいので、

普通ならサンドペーパーをかけたり、プライマーなどの下処理が必要です。

アニースローンチョークペイントなら面倒な下処理をしなくてもそのまま塗れるんです。

思い立ったらすぐ、簡単にペイントすることができます。

 

 

春を先取り!

色とりどりのみなさんの作品です。

グリーン、イエロー、ブルー・・・

個性の強いビビットカラーを並べても馴染むから不思議です。