toggle

GARDENS LIFE by 宮本里美 > 2018

Archive

2018.04.01 |

Stop spring

ガーデンズの中庭は、春の香りに包まれています。

 

 

 

ヒヤシンスの爽やかな香りが好きです。

ヒヤシンスさん、お願いだからそのままでいて・・・。

 

 

咲き進まないでほしいな。

春をゆっくり楽しみたいの。

Garden work table

 

ガーデンワークテーブルって、ガーデニング好きには、あこがれですよね。

お庭に置きたいアイテムのひとつ・・・。

昨年入荷した北欧のガーデンワークテーブル、スタイリッシュでいい感じなの。

ガーデンズマーケットでは、ディスプレイ台として大活躍してくれています。

クリスマスの頃の写真ですが、扉の左手にあります。↓

 

 

先日、購入されたお客様のお庭に伺ったら、とっても素敵に使ってらっしゃたの。

リビングから見える場所に置いて、ビオラやヒアシンスを小さなポットで可愛く飾っていました。

小さな寄せ植えや小物なんかを飾るのにちょうどいい大きさなんです。

 

 

この写真は、昨年の7月のモデルハウスでのお仕事の写真です。

ハーブと暮らすというテーマの撮影のディスプレイのお仕事。

このワークテーブルをセットして、ディスプレイいたしました。

 

 

ハーブをブリキのポットに入れてガーデンツールと共に・・・。

下に棚もついているので、いろいろと置けます。

 

 

 

お気に入りのジョウロをディスプレイ感覚で・・・。

 

作業台としては、スウェーデンからやってきたのでちょっと高めです。

私には、作業するにはちょっと高すぎかな。

身長160センチ以上の方にはいいかも・・・。

こちらの商品、ガーデンズマーケットで販売しておりますので、

ご興味のある方はHPのMARKETをご覧ください。

 

この日の撮影用のディスプレイの様子を少しご紹介します。

ガーデンツールやハーブ、お料理を作って運び込んでセットするのが私の仕事。

いろいろなシーンを想定して準備します。

 

 

ママと一緒にお水やりのシーン↑

 

休日に家族みんなで遅いブランチをお庭でいただくというイメージ。↓

 

 

用意したハーブのお料理は↓

 

 

子どもが大好きなソーセージ風ミニハンバーグ

 

 

トマトとキウイのハーブマリネ

 

 

ローズマリーのスコーン

 

ブランチ準備中のシーン↓

 

 

いろいろなお仕事の依頼があるものでしょ。

これは、スタイリストというお仕事かしら?

若いころから憧れていたのよね~、スタイリスト。

今は、気負いもなく楽しんでいます。

 

Flying wreath Lesson

今年も、横浜のドライフラワーアーティストdeuxRさんをお招きして

3月16日と18日の二日間、フライングリースのレッスンをしていただきました。

 

 

 

準備している時から、ワクワクしちゃった!

先生自ら乾燥させたドライフラワー、並べただけでも素敵なのよね~。

 

 

そして、お見本をシャンデリアの下に吊るしてみました。

 

 

なんて素敵なんでしょう。

ふんわり、エアー感を出して作るのが、春のフライングリースのポイントだそうです。

まずは、大きなお花から。

黒いチューリップ、大人ピンクのバラ、白いラナンキュラス・・・。

そしてアナベル。

吊るした時に一方向からしか見えないので、壁掛けのリースよりは、

案外、作りやすいかな。

 

 

 

 

あっという間に、みーんな素敵に出来ました。

 

そして、ティータイム。

 

 

お茶は、私のお気に入り、イギリスのTAYLORSのローズレモネード。

きれいな色でしょ。

お菓子は、横浜のエリオットさんにオーダーしました。

春らしい、お花や蝶や実をリクエストしたのですが、

こんなに可愛いお菓子が届いたんです。

 

 

すみれのマカロン、可愛い蝶々とベリーのチョコレート、可愛すぎでしょ!

お庭から、ビオラとフェンネルをカットしてきて、飾ってみました。

 

 

どれから食べようかと迷うばかり・・・。

お味も、とっても美味しかったです。

 

 

 

2日間で、35名もの方が参加されました。

四国4県だけでなく、遠くは、福岡、広島、大阪、岐阜からのご参加も・・・。

本当に遠くから、ありがとうございました。

裕美先生、アシスタントのさと子さん、お疲れがでませんように。

また来年もよろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.16 |

Helleborus love

お庭からの素敵なプレゼントをいただきました。

たくさんの色とりどりのクリスマスローズ、

ガラスのベースに束ねて飾ってみました。

なんてゴージャスなんでしょう。

ときめきをありがとうございます。

 

 

お客様が、満開のクリスマスローズをいっぱいカットして持ってきてくださったのです。

クリスマスローズが長年の間に増えていって、一面群生しているのだそうです。

最初はこつこつと苗を植えていってたのが、10年たったころからこぼれ種のクリスマスローズが

いっぱい増えてきたんですって・・・。

こんなにいっぱいカットしても、まだまだいっぱい咲いてるんだそうです。

羨ましいな。

 

クリスマスローズって水揚げが悪いんですよね。

カットしてそのままお水につけるだけだと、花首がしなだれてきてがっかり。

湯切りをしてから新聞紙にくるんでお水につけると、水揚げが上手くいきます。

元気がなくなってきたら、茎をまた少しカットし湯上げをします。

繰り返して、長く楽しみましょう。

そして最後は、ドライに・・・。

2018.03.10 |

Bulb life

水栽培で楽しんだ後、お花が終わったムスカリの球根は、どうしたらいいの?

 

 

皆さんは、どうされていますか。

切り花感覚で、捨てちゃう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちょっと待って〜。

球根も小さな命なんです。

土に戻してあげましょう。

土に埋める前にしてあげたいことがあります。

お花をそのままにしておくと、種がついて苗が弱るので、

花後はすぐに茎の根元でカットします。

そして、土の中にそっと戻してあげてくださいね。

 

翌年お花が咲きますか?

咲かす子 もいれば、咲かない子もいます。

だって、芽出し球根さん、土の中で暮らしていたのに、

急に根洗いされて、しかも水だけで暮らすことに…。

それでも頑張って、可愛いお花を咲かせて私たちを楽しませてくれましたよね。

ストレスだったと思いますよ。

環境になじむ間もなく、必死でお花を咲かせていたに違いありません。

せめて、花後は土に戻して安らかな暮らしをさせてあげたいものです。

しっかりと光合成して養分をたくわえ、球根を太らせてくださいね。

ムスカリさんの葉っぱが黄色くなってきたら、夏休みが始まります。

ゆっくり休んで、来年もよろしくです。

 

 

 

2018.03.09 |

GARDENS LIFE LESSON

3月のガーデンズライフレッスンは、たまたま第二木曜日の8日、ミモザの日。

イタリアでは男性が女性に感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈る素敵な一日なんだそう♪

じゃあ、ミモザのスワッグでも作って楽しみましょうか。

ユーカリとクリスマスローズも一緒に束ねてみました。

 

 

皆さん、スワッグ作りはお手のもの、あっという間に出来上がり!

無造作に束ねた方が上手くいくのよね。

 

そして、ミモザをテーブルに飾ってお茶時間。

今日のお茶は、フルーツティー。

 

 

カットしたいちご、リンゴにオレンジ、ぶどうにキューイ、紅茶を注いで

なんとも贅沢でフルーティーなお茶の出来上がり。

やっぱりおやつの時間の一番乗りは、ベリーちゃん。

ちゃーんとお席に座っています。笑。

 

 

 

ティーカップにもミモザのお花を添えて・・・。

お菓子にもミモザのお花。

 

 

ときめきますね。

 

 

ミモザのティーパーティー、ベリーちゃんも参加して楽しい時間でした。

 

今日が今期最後のレッスン、4月からまた1年コースの始まりです。

この講座は、本『GARDENS LIFE』でもいろいろとご紹介しておりますが、

お庭のある豊かで美しい暮らしをテーマに、ハーブやバラ、季節のお花を愛でながら

もっともっとお庭のある暮らしを楽しむためのレッスンです。

四季折々、私が楽しみたいことを、皆さんとご一緒に楽しみたいと思っております。

一緒にと・き・め・きませんか。

 

4月からは、ご要望におこたえして、毎月第二木曜日と、第二土曜日の

2講座をご用意いたしました。

時間は13時半~15時半です。

費用は、10回分で ¥20000≪材料費別途≫

お申込み受付開始いたしました。

お電話か下記よりお申し込みくださいね。

GARDENSコンタクト

 

 

 

 

 

 

2018.03.03 |

Kitchen garden

 

昨年の夏の終わりに、『家の裏にある畑を畑仕事が楽しくなるような畑にしたい』と

ご相談を受けました。

善通寺市にある五岳の里公園のGARDENSが作庭したキッチンガーデンを見られて

イメージされたそうです。

お伺いすると、とってもいいシチュエーションに畑がありました。

目の前には大きな池、背景には公園・・・、何と素敵な場所なんでしょう。

その場で、すぐにデザインが浮かんできました。

 

 

 

畑だけでなく、お花やハーブも楽しめて、道行く人にも楽しんでもらえるような

プランを提案いたしました。

即、気に入っていただけて、草ぼうぼうの畑が変身!

 

 

入り口には、薔薇のアーチ、囲いのフェンスの外側には、ハーブや季節のお花。

コンポストも作りました。

お野菜畑の中にもアーチ、きゅうりやお豆を這わせましょうか・・・。

 

 

小さなシェッドも作りました。

その横にはパーゴラ、ブドウを這わせて、夏は木陰を作ります。

その下にはベンチ。

畑でピクニック♪

 

 

 

お野菜を洗うれんがの流し台も作りました。

 

もともとあったさざんかは、残して作庭、だって可愛いんですもの・・・。

 

 

乙女という名の山茶花、薔薇みたいに咲いてくれています。

私の大好きな山茶花です。

果樹もいっぱい植えました。収穫も楽しみです。

 

春になって、お客様がお野菜を植えつけしたら

見に行きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

deuxR lesson

今年も横浜のドライフラワーアーティストdeuxRさんがいらしてくださいます。

昨年のレッスンの時に、GARDENSのサロンに吊るして下さり

目を惹いたdeuxRさんの作品。↓

 

 

一年たった今も素敵です。

色の抜け感が何ともいい感じ・・・。

 

 

皆さんのリクエストに応えてフライングリースを教えていただきます。

吊るすところがない方は、キャンドルリースや壁掛けにもできるように

お願いいたしました。

 

ふんわかしたレッスンの様子↓

 

 

deuxRさんの作るドライフラワーって、素敵カラーなんです。

 

 

今年はどんなお花をドライにして持ってきてくださるのかしら・・・。

楽しみ! 楽しみ!

 

アフターには、今年も横浜のHerriotさんの可愛くって美味しいお菓子と

 

 

私のブレンドするハーブティーを楽しんでいただこうと思っています。

あこがれのフライングリース作り、ご一緒しませんか。

 

【日時】 3月16日(金) 13:30~

3月18日(日)10:30~

【定員】 各16名 (要予約)

【費用】 9000円

お申し込みは、お電話か下記にてお願いいたします。

GARDENSコンタクト

2018.02.25 |

Interior Bulbs

GARDENSの今年の年賀状の写真↓

 

 

昨年の2月にわが家の窓際に飾ってあった球根さんたちの写真なんです。

ガラスの器や作り方のお問い合わせが多いので、

作り方をブログでご紹介いたしますね。

 

 

まず、ポットからムスカリさんを外して、そっと土をおとします。

土を落としたら、根っこを水で洗ってきれいにします。

 

 

白い根っこを切らないように、やさしく洗ってくださいね。

 

 

ガラスの器に、根腐れ防止剤を少しいれます。

 

 

そのまま、ムスカリさんをガラスの器に入れてもいいし、

ぐらぐらする場合は、根っこを苔でくるんで、ガラスの器の中にいれてあげます。

 

 

 

そして お水を根っこがつかるくらい入れてあげます。

球根がお水につかりっ放しになると、球根やお水が腐りやすいので、

注意してくださいね。

 

簡単でしょ。

Let`s try!

 

早速、お部屋に飾りましょう。

一足早く春が来たみたい ♪

 

 

この子は珍しい白いムスカリさん。

紫色のムスカリさんが定番ですが、他にもグラデーションカラーの子もいます。

 

 

おうちにあるいろいろなガラスの器で楽しんでみましょう。

ムスカリだけでなく、ヒアシンスもおすすめですよ。

 

ガラスの器も入荷してきましたので、セット販売も始めました。

 

 

ムスカリセットは⇒MARKET

ヒアシンスセットは⇒MARKETヒアシンス

長く楽しむコツは、時々お外の寒さにあてること。

お部屋は、あったかいので咲き進むのが早いのよね。

特にお花が咲きはじめたら、夜はお外に・・・。

 

 

 

 

 

2018.02.23 |

寄せ植えレッスン

今月のレッスンのテーマは、芽出し球根の寄せ植えです。

 

 

 

 

展示会でくまちゃんとビビッときた白樺の樹皮を貼ったような四角いコンテナに

森の中の早春の景色をイメージして

小さなクリスマスローズと、水仙、ムスカリ、スノードロップを植えこんでいただきました。

 

生徒さん皆さん思い思いにイメージを描きながら、芽だし球根をポットから外して

箱の中に配置して景色を作っていきます。

大きな苗から順番に植えこんだ方がまとまりやすいかな。

この時にお花の向きを気を付けて!

自然なむきに向けて植えこむのが、ポイント。

雑木林の落葉樹の木の足元で芽生えた球根さんたちに、どの方向から光が差してくるのか

イメージしてみましょう。

 

 

 

 

 

苗の位置がある程度決まったら、土をいれて、苗を固定して、コケで土を覆います。

最後に木の枝を無造作にさして出来上がり・・・。

 

 

 

 

実はこの枝、レッスンしている上空で茂っている榎さんの枝を拝借。

ちょっと枯葉もぱらぱらっと散らしてみました。

そう、ガーデンズの中庭の足元に落ちている枯葉さんを拾って・・・。

なんか皆さん、最初は戸惑っていましたが、作りながら森の中のイメージが見えてきて、

最後の枝葉の装飾は、とっても楽しそうでした。

どの生徒さんの作品も、いい感じ・・・。

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4