toggle

GARDENS LIFE by 宮本里美 > category:ガーデンズガーデンplantsBulb

Archive

Black Beauty

黒色のお花に惹かれます。

秋から春にかけては、黒色のパンジーやビオラが好き。

定番は、ハロウィンという名のパンジー。

 

 

秋から休むことなくずっと咲いてくれます。

秋口には、濃い紫色から黒色まで色幅はありますが、気がついたらみーんな真っ黒い子に・・・。

シックなさび色のアーンとの相性もいいのよね~。

 

 

かっこいいでしょ!

 

球根とのコラボも楽しいの。

二度も三度も楽しめます。

まずは、ブラックビオラの中からムスカリやチューリップの葉っぱが・・・、そしてお花。

 

 

淡いブルーのムスカリさんとのコラボ、想像以上に素敵!

 

可愛いピンク色のチューリップさんとのコラボ ↓

 

 

大人可愛く見えるでしょ。

 

ベロニカオックスフォードさんとのコラボもいい感じ・・・。

 

 

植物×植物のコラボレーション、

私は、イメージして植えこむだけなのですが、

いつも想像以上のパフォーマンスを見せて楽しませてくれます。

仲良く、それもお互いの魅力を引き立てあって・・・。

植物たちはみ~んな仲良しアーティスト。

 

 

 

 

Hyacinths

中庭にあるこの大きなテラコッタの鉢には、紫色のヒヤシンスが定番です。

 

 

6年前の冬にイギリスを旅した時、ピーターシャムナーセリーで見つけた

大きなコンテナ仕立てのヒアシンス、すっごく素敵だったんです。

翌年から毎年、トライしています。

毎年、年末までは忙しくて何もできず、

球根を伏せるのが、年明けてからになってしまってますが、

きれいに咲いてくれます。

 

 

今年は、1月の20日に球根を土に伏せて、苔のお布団をかけてあげました。

 

 

 

2か月後、お花が咲きはじめました。まだまだ、まばらですが・・・。

その後、花丈がすくすく伸びて、4月に入ると満開に。

 

 

お庭じゅう、ヒヤシンスの爽やかな香りが漂っています。

4月の半ばごろまで咲き続け、楽しませてくれます。

ヒヤシンスさん、ありがとう。

 

2018.02.23 |

寄せ植えレッスン

今月のレッスンのテーマは、芽出し球根の寄せ植えです。

 

 

 

 

展示会でくまちゃんとビビッときた白樺の樹皮を貼ったような四角いコンテナに

森の中の早春の景色をイメージして

小さなクリスマスローズと、水仙、ムスカリ、スノードロップを植えこんでいただきました。

 

生徒さん皆さん思い思いにイメージを描きながら、芽だし球根をポットから外して

箱の中に配置して景色を作っていきます。

大きな苗から順番に植えこんだ方がまとまりやすいかな。

この時にお花の向きを気を付けて!

自然なむきに向けて植えこむのが、ポイント。

雑木林の落葉樹の木の足元で芽生えた球根さんたちに、どの方向から光が差してくるのか

イメージしてみましょう。

 

 

 

 

 

苗の位置がある程度決まったら、土をいれて、苗を固定して、コケで土を覆います。

最後に木の枝を無造作にさして出来上がり・・・。

 

 

 

 

実はこの枝、レッスンしている上空で茂っている榎さんの枝を拝借。

ちょっと枯葉もぱらぱらっと散らしてみました。

そう、ガーデンズの中庭の足元に落ちている枯葉さんを拾って・・・。

なんか皆さん、最初は戸惑っていましたが、作りながら森の中のイメージが見えてきて、

最後の枝葉の装飾は、とっても楽しそうでした。

どの生徒さんの作品も、いい感じ・・・。

 

 

 

 

 

 

2017.12.23 |

BULBSⅡ

球根をもっと楽しみませんか。

コンテナにチューリップの球根をぎっしり植えこむと、春にはゴージャスな姿で楽しませてくれます。

 

 

 

植えるの今からでも大丈夫です。

私は、毎年1月に植えこんでいますが、ちゃーんときれいに咲いてくれています。