toggle

GARDENS LIFE by 宮本里美 > category:日記イベント

Archive

2018.05.03 |

Tea Party

4月30日の『花笑茶会』、今年は7席53名もの方がいらしてくださいました。

遠くは茨木、南は高知より、遠方からお運び下さりありがとうございました。

春の日のひとときをGARDENSで、楽しんでいただけたでしょうか。

 

まずは、いしはらみきこ先生のお煎茶席から。

 

 

 

 

お客様にわんこも・・・。

 

 

この子、うちのベリーちゃんの実の弟君。

終始、おとなしくってお利口さんでした。

 

 

そして屋上に上がって点心席。

お花いっぱいのコンテナでお出迎え。

 

 

 

 

ラ・サルーテの中野シェフのイタリアン弁当。

 

 

そして最後に中庭で薄茶席。

 

 

茶箱のお点前でお薄をさしあげました。

 

 

 

 

お茶碗は、蝶や花を描いたヘレンドの写し。

可愛いでしょ!

他のお茶碗は、鳥がモチーフだったり、外国のカフェボールなど・・・。

お菓子は、薔薇をかたどったスィーツ。

DEARのミセスけいこさんに特別に作っていただきました。

 

 

 

私は、イエローの紬。

お花になった気分・・・。

 

 

今回も、一番楽しんだのは私。

 

お客様の笑顔を見たくて、お庭にまつわるお茶碗をあれこれ用意したり、

小帛紗を花や鳥のモチーフの更紗で作ってもらったり、

お菓子を考えたり・・・。

そう、お湯をわかす風炉もGARDENSにぴったりのアイアン製を見つけたのよ。

準備も楽しかったわ♪

 

皆様に楽しんでいただけたことが、とっても嬉しくて幸せな一日でした。

また来年もこの季節に茶会をしたいと思います。

 

 

2018.04.01 |

Stop spring

ガーデンズの中庭は、春の香りに包まれています。

 

 

 

ヒヤシンスの爽やかな香りが好きです。

ヒヤシンスさん、お願いだからそのままでいて・・・。

 

 

咲き進まないでほしいな。

春をゆっくり楽しみたいの。

Flying wreath Lesson

今年も、横浜のドライフラワーアーティストdeuxRさんをお招きして

3月16日と18日の二日間、フライングリースのレッスンをしていただきました。

 

 

 

準備している時から、ワクワクしちゃった!

先生自ら乾燥させたドライフラワー、並べただけでも素敵なのよね~。

 

 

そして、お見本をシャンデリアの下に吊るしてみました。

 

 

なんて素敵なんでしょう。

ふんわり、エアー感を出して作るのが、春のフライングリースのポイントだそうです。

まずは、大きなお花から。

黒いチューリップ、大人ピンクのバラ、白いラナンキュラス・・・。

そしてアナベル。

吊るした時に一方向からしか見えないので、壁掛けのリースよりは、

案外、作りやすいかな。

 

 

 

 

あっという間に、みーんな素敵に出来ました。

 

そして、ティータイム。

 

 

お茶は、私のお気に入り、イギリスのTAYLORSのローズレモネード。

きれいな色でしょ。

お菓子は、横浜のエリオットさんにオーダーしました。

春らしい、お花や蝶や実をリクエストしたのですが、

こんなに可愛いお菓子が届いたんです。

 

 

すみれのマカロン、可愛い蝶々とベリーのチョコレート、可愛すぎでしょ!

お庭から、ビオラとフェンネルをカットしてきて、飾ってみました。

 

 

どれから食べようかと迷うばかり・・・。

お味も、とっても美味しかったです。

 

 

 

2日間で、35名もの方が参加されました。

四国4県だけでなく、遠くは、福岡、広島、大阪、岐阜からのご参加も・・・。

本当に遠くから、ありがとうございました。

裕美先生、アシスタントのさと子さん、お疲れがでませんように。

また来年もよろしくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.16 |

Helleborus love

お庭からの素敵なプレゼントをいただきました。

たくさんの色とりどりのクリスマスローズ、

ガラスのベースに束ねて飾ってみました。

なんてゴージャスなんでしょう。

ときめきをありがとうございます。

 

 

お客様が、満開のクリスマスローズをいっぱいカットして持ってきてくださったのです。

クリスマスローズが長年の間に増えていって、一面群生しているのだそうです。

最初はこつこつと苗を植えていってたのが、10年たったころからこぼれ種のクリスマスローズが

いっぱい増えてきたんですって・・・。

こんなにいっぱいカットしても、まだまだいっぱい咲いてるんだそうです。

羨ましいな。

 

クリスマスローズって水揚げが悪いんですよね。

カットしてそのままお水につけるだけだと、花首がしなだれてきてがっかり。

湯切りをしてから新聞紙にくるんでお水につけると、水揚げが上手くいきます。

元気がなくなってきたら、茎をまた少しカットし湯上げをします。

繰り返して、長く楽しみましょう。

そして最後は、ドライに・・・。

2018.01.31 |

宮崎の英国式庭園

宮崎のイギリス、英国式庭園に行ってきました。

 

 

1999年に宮崎で開催された「グリーン博みやざき’99」で、イギリスのトップガーデンデザイナーの

ロビン・ウィリアムス氏のデザインが評判を呼んだとことろです。

英国式庭園の中央に位置するガーデンハウスは、お庭の設計ととも彼がデザインしたもので、

英国らしい、フォーマルな建物で、今でも素敵な佇まいです。

 

 

 

これは、3年前に、GARDENSのお客様と宮崎庭旅に出かけて時の写真です。

 

 

 

バラの季節に来ると、 玄関ドア回りの壁面につたうツルバラ「アンジェラ」がとっても素敵なんでしょうね。

 

 

冬だというのに、とってもきれいにお手入れされていてイギリスに来たような気分に・・・。

お庭は、やっぱり管理次第ですね。

あれから、20年近くなるのに、きれいに保っている宮崎県は、さすがです。

 

当時、雑誌『マイガーデン』にこの庭やロビン・ウィリアム氏がよくとりあげられていたんです。

懐かしくって、本棚からマイガーデンをさがして見てみました。

 

 

 

 

 

あの頃の誌面、今見ても中身が濃いなあ・・・。

初心に戻ってじっくり読み返したくなりました。

 

当時、日本のガーデン本はほとんどなくて、彼のガーデン本を嶋田洋書で購入し、

何度も読み返し(読めないので見たおして・・・)ました。

ガーデンプランのことからガーデンデザインの技法まで、詳しく載っています。

 

 

今でも私のバイブルなんです!

 

 

 

 

 

2018.01.28 |

SWAN

高松市内の鶴市町の現場からの帰りに池のほとりで白鳥に出会いました。

 

 

真っ白くて、とってもきれいな白鳥さん。

 

水鳥さん達もいっぱい!

 

 

 

ぷかぷか浮いているのは、おおばんさんとカモさん。

 

 

私が車をとめて、水辺に近寄ると、みーんな寄ってくるんです。

 

 

 

とっても寒いのに、鳥さんたちは、平気なのね。

寒くないんだあ~。

そっか羽毛だものね・・・。笑。

しばし時を忘れて、鳥さんたちを眺めていました。

 

 

帰り際に、白鳥さんにGARDENSの前にあるお池にも是非いらしてねと

お誘いしました。

2018.01.01 |

明けましておめでとうございます。

 

 

今年は、ベリーちゃんの年です。

 

 

 

 

ひとや動物、植物、地球にやさしい一年でありますように・・・。

 

そして、皆様の心に幸せのお花がいっぱい咲きますように・・・。

2017.11.20 |

ブラックチューリップのキャンドル


憧れのキャンドル作家kanameさんが、

『GARDENS LIFE2』の出版祝にと作ってくださったブラックチューリップのキャンドル、

素敵でしょ。

本のイメージにぴったり。うふふ。

ほのかにいい香りもするのです。

お部屋のインテリアとしてもいい感じ・・・、ずっと眺めていたいキャンドルです。

もったいなくって、火をともせない~なんて思っていたら、

kanameさんから、是非火を灯してねって・・・。

きっと、火をともすとさらに素敵なんでしょうね。

クリスマスのころに火をともしてみようかな。

楽しみ楽しみ。


このキャンドル、私がアップしたFBを見てどうしても欲しいと言われたお客様がいて、

kanameさんにオーダーして送っていただきました。

只今、ガーデンズマーケットにて黒色のチューリップと共に販売しております。

春に素敵に咲いてくれるブラックチューリップのお花を夢見て

お部屋でキャンドルを楽しみませんか。

2017.10.05 |

ドライフラワー


アナベルがいっぱい届いたので、ガーデンズマーケットに飾ってみました。
茎を押しピンで天井にとめてぶら下げるだけで、かわいいのです。
簡単でしょ。
押しピンは100均、セリアのアンティーク風押しピンがおすすめです。

スワッグ、楽しくっていっぱい作っちゃいました。


ガーデンズマーケットで販売も始めましたので、皆様お楽しみにお出かけください。

2017.10.02 |

雨でもランランラン

毎日雨がよく降りますね。
今日もスタッフと3人で、お庭仕事でした。
びしょびしょになっても、可愛いスタッフのらんこちゃん。
雨の中でも笑顔で頑張ってくれています。

シソの葉っぱ、秋色でいい感じなので、お庭のカラーリーフとして
残しました。
アガパンサスの花柄も、カッコいいのよね。
私的には、残しておきたい花柄や種。
カットせずに、秋の姿をもう少し、庭主様に楽しんでもらいましょ。

2017.09.25 |

スワッグ


9月27日11時より、NHK松山放送局にて、「お昼のクローバー」に出演いたします。
教えてひるクロ先生のコーナーで、簡単に作る壁飾りスワッグのご紹介。


先日からサンプルをいろいろと作っています。
花材は、東京の市場から届けていただいたものと、お庭からカットしてきたもの。
生花を束ねて飾れば、ドライになっていく姿も楽しめます。


香りの植物も一緒に束ねるのが、GARDENS流。
お庭のレモンユーカリやローズマリーも一緒に束ねます。
束ねながら、いい香りが漂っています。

2017.09.24 |

善通寺キッズガーデンクラブ


毎月最終日曜日の午前中、善通寺五岳の里公園でちびっ子たちを集めて
庭育をしております。



今日は、キッチンガーデン作り。
まず、キッズたちにキッチンガーデンのデザインをしてもらうことから・・・。
四角い花壇を4チームにわかれて考えてもらいました。
マルと三角を組み合わせ・・・、星形も登場。
星の形を書けなかった子も同じチームのお姉さんに教えてもらって
書けるようになって大喜び。


そして、畑に移動。
まずは、草をぬいて、地面を平らに・・・。
そして赤いロープで線を引いて、区分けした中に
それぞれのお野菜を植えこみました。
みんな一生懸命です。



今日、用意したのは、
カリフローレ、カーボロネロ、ダ・ビンチなどなど
ちょっとおしゃれなイタリア野菜。
大きくなるのが楽しみ!​

 

2017.09.19 |

ローラン先生のレッスン


ローラン先生のレッスンで束ねたブーケ、
花材はダリア、秋色あじさい、アストランチア、ヒペリカム、木苺、
ディアボロ、木蔦。


花材本数は少なかったけど、大きなお花を束ねるって難しいな。
大きなお花はなるべく目立たないように、そしてナチュラルに・・・。
束ね終えたら、ダリアやあじさいが等間隔に、しかも目立っている・・・クスン。
先生に手直ししてもらって何とかいい感じになりました。
50の手習いで初めたフラワーアレンジメント、
毎回ビリでおちこぼれ。


でも先生のアトリエに行けるだけで毎月幸せなんです。
季節のアレンジを見るのも楽しみ。
それにローラン先生は、色合わせのことやテクニックを惜しみなく教えてくださるの。
庭作りの植栽のヒントもいっぱい学べるんです。
一番楽しみなのは、ローラン先生のジョーク!面白いのですよ。

2017.09.18 |

バードフェアー始まりました

北欧に旅してから、BARDに魅惑され、鳥グッズだけでなく
コザクラインコのピーちゃんまでやってきて、一緒に暮らしている私。
以前より、野鳥の冴えずる声もよく耳にするようになり、
鳥さんたちに癒されている毎日です。

いつかはしたいなと思っておりました『バードフェアー』、始まりました。
鳥さんモチーフのお品をいっぱい集めてみました。
お庭で楽しめるものから、インテリアまで・・・。


皆様の毎日のお庭のある暮らしが、ちょっぴり楽しくなりますように・・・。

そうそうピーちゃんが暮らしている鳥かごと同じバードハウスも
イギリスから届いています。

2017.09.17 |

ストロベリーグアバ


友人にもらった苗木を植えて17年、4メートルにも成長したストロベリーグアバの木。
今年は豊作で、赤い実がたわわについてます。
もう少し、お庭で眺めていたかったけれど、台風の雨風で実が落ちてしいまいそうなので、雨の中収穫することに。

赤く色づいた実をほおばりながら、びしょ濡れになって夢中でとりました。
甘く熟れた実は、ちょっと触るだけでぽろっととれるんです。
キャッチできず落下してしまう実も・・・。
もう少し木についていたい子は、むしりとらないととれません。
木が大きくて、上の方の実がとれなかったけど、
いっぱいとれました。
生食でいただいて、あとはとりあえず冷凍。

そうそう、ガーデンスマーケットでも苗木販売しております。
常緑だし庭木にもおすすめです。

2017.09.02 |

トマトのソルベ

この夏からマイブームのトマトのソルベ。
とっても簡単なの。
トマトの皮を湯むきしてカットし、グラニュー糖をまぶして凍らせます。
そしてバーミックスでつぶすだけなのです。
以外に以外にびっくりするほど美味しいの・・・。。
ヘルシーで美味しいシャーベットなのです。
ソルベとシャーベットって何が違うの???
ちょっと調べてみました。

ソルベはフランス語、シャーベットは英語でした。
ただ、シャーベットのほうが、砂糖や卵(メレンゲ)、ミルク、
などを使用して甘く作られるデザートだとか・・・。
そういえば、フランス料理にはグラニテというコースの間に出てくる冷たいお口直しがありますよね。これも仲間かな。

1 2 3 4