toggle

GARDENS LIFE by 宮本里美 > category:ガーデンズガーデンplantsBulb

Archive

Black Beauty

黒色のお花に惹かれます。

秋から春にかけては、黒色のパンジーやビオラが好き。

定番は、ハロウィンという名のパンジー。

 

 

秋から休むことなくずっと咲いてくれます。

秋口には、濃い紫色から黒色まで色幅はありますが、気がついたらみーんな真っ黒い子に・・・。

シックなさび色のアーンとの相性もいいのよね~。

 

 

かっこいいでしょ!

 

球根とのコラボも楽しいの。

二度も三度も楽しめます。

まずは、ブラックビオラの中からムスカリやチューリップの葉っぱが・・・、そしてお花。

 

 

淡いブルーのムスカリさんとのコラボ、想像以上に素敵!

 

可愛いピンク色のチューリップさんとのコラボ ↓

 

 

大人可愛く見えるでしょ。

 

ベロニカオックスフォードさんとのコラボもいい感じ・・・。

 

 

植物×植物のコラボレーション、

私は、イメージして植えこむだけなのですが、

いつも想像以上のパフォーマンスを見せて楽しませてくれます。

仲良く、それもお互いの魅力を引き立てあって・・・。

植物たちはみ~んな仲良しアーティスト。

 

 

 

 

Hyacinths

中庭にあるこの大きなテラコッタの鉢には、紫色のヒヤシンスが定番です。

 

 

6年前の冬にイギリスを旅した時、ピーターシャムナーセリーで見つけた

大きなコンテナ仕立てのヒアシンス、すっごく素敵だったんです。

翌年から毎年、トライしています。

毎年、年末までは忙しくて何もできず、

球根を伏せるのが、年明けてからになってしまってますが、

きれいに咲いてくれます。

 

 

今年は、1月の20日に球根を土に伏せて、苔のお布団をかけてあげました。

 

 

 

2か月後、お花が咲きはじめました。まだまだ、まばらですが・・・。

その後、花丈がすくすく伸びて、4月に入ると満開に。

 

 

お庭じゅう、ヒヤシンスの爽やかな香りが漂っています。

4月の半ばごろまで咲き続け、楽しませてくれます。

ヒヤシンスさん、ありがとう。

 

Planting the tulip bulbs.

今年も北庭の球根の植え込みが、1月になってしまいました。

バラの誘因は、寿子さんが年末にしてくれたので、低木や下草の手入れから。

 

 

思い切り、カットカットカットです。

思い切り切っても、ちゃーんと元通りになってくれます。

春の初めの主役は、チューリップさんなので、他の子は脇役になっていてね。

チューリップさんが咲き終わってから、大きくなってね。

 

そして土壌改良。

北庭の土は、毎年この時期にバイオゴールドとバークとパーライトをすきこんでいます。

手で掘れるくらい、ふかふかの土になってきています。

実は、17年前に、風雅舎の加地先生が、この北庭で土壌改良の仕方を教えてくれました。

改良剤をわざわざ持ってきて下さって、先生自らシャベルで漉き込んでくださったのが

この北庭の始まりなんです。

昨年の暮れに、亡くなられたとお聞きしても、信じられなくて・・・。

土に触れながらあの時のことを思い出して、悲しくて、寂しくて・・・。

加地先生のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

宿根草の苗を植えこんだら、恒例の黒色のチューリップと白色のチューリップをゴロゴロッと転がして・・・。

 

 

 

球根さんと球根さんがくっついていても、ゴロッと転がった着地点に植えこむのがポイントです。

ナチュラルにお花を咲かせましょう。

ならんだ♪ ならんだ♪ チューリップの花が・・・、

お歌のようにきれいに並べないのが秘訣。

 

 

球根専用の穴掘りの道具は、とっても便利!

 

ポコポコ穴をあけ、球根入れて土を軽くかぶせるだけです。

 

 

150球近く植えこみました。

春が楽しみ、楽しみ!

 

ブラックチューリップ歴15年

毎年毎年ブラックチューリップに咲いてもらっている北庭、

来春は、どの子に咲いてもらおうか思案中。

主役は、ゴージャスなブラックヒーローかシンプルなポールシェラーか・・・。

 

 

今まで植えたブラックチューリップの中で、一番黒く咲いてくれたポールシェラー。

咲き進むにつれ、どんどん黒くなっていく感じ・・・。

おまけに脇から子どもチューリップが出てきて、小さなお花を咲かせて楽しませてくるの。

ブラックヒーローは、八重咲で、華やかに咲いてくれるんです。

黒色というよりは、赤紫がとても濃くなった感じなんです。

日の当たり具合によって、真っ黒に見えるんです。

どっちも素敵だから迷うのよね。

両方咲かせてみようかしら・・・。

8:2の割合がいいかな。